MENU
カテゴリー

SEOを意識する![2021年最新版]Googleキーワードプランナー(無料)の使い方[初心者向け]

Googleキーワードプランナーの使い方

「自分の作ったブログをたくさんの方に見てもらいたい!」

と、思いますがこれから書こうとしている記事がどのくらいの方にみて頂く可能性があるのか?

これが分かると記事を書くモチベーションも上がります。

今回の疑問

  • キーワードプランナーってなぁに?
  • キーワードプランナーってどうやって使うの?
  • キーワードプランナーの活用仕方は?

Googleのキーワードプランナーってなんじゃ?

この記事では、

  • キーワードプランナーについて
  • キーワードプランナーの使い方

を説明しています。

スポンサーリンク
目次

Googleキーワードプランナーとは?

Googleのキーワードプランナーは、キーワードの月間検索ボリューム数を調べるGoogleの公式ツールです。

基本的にはGoogle広告を出したい方に向けたサービスですが、一部の機能は誰でも無料で利用できます。

キーワード選びはSEO対策をする上でとても重要です。選んだキーワードで検索上位を狙える可能性があるかどうかを知りたい時に活用します。

Googleキーワードプランナーの登録方法

GoogleキーワードプランナーはGoogleのサービスではありますが、Google広告のアカウントが無いと利用できません。

下記手順は、通常のGoogleアカウントをもっている私が、初めてGoogleキーワードプランナーを無料で利用した時の手順になります。

Google広告のアカウントの登録

Googleキーワードプランナーのサイトを開き、「ログイン」または「キーワードプランナーに移動」をクリックし、通常のGoogleアカウントのメールアドレス・パスワードでログインをします。

Google広告のアカウント登録
Google広告のアカウントのサイトを開きます

画面が切り替わります。

「ビジネスの情報の確認」画面で、

「はい。Google広告の成果向上の為のヒント、プロモーション特典、アンケートの案内、新機能に関する情報を受け取ります」
にチェックを入れ、「送信」をクリックします。

「はい」にチェックを入れて、送信を押します
「はい」にチェックをいれて送信をクリックします

画面が切り替わり、設定が完了しました。

これでGoogle広告のアカウントが作成されました。

Google広告のアカウントが作成されました
あっという間に、Google広告のアカウントの設定完了です

「キーワードプランナー」を使うをクリックしてください。

選定キーワードの検索ボリュームを調べる

画面が切り替わります。「OK」をクリックします。

キーワードプランナーの更新をOKする
キーワードプランナーの更新をOKします

画面が切り替わります。Google広告の初期画面が表示されました。

初期画面が表示されました
初期画面が表示されました

画面上の「ツールと設定」を選択し、プランニングから「キーワードプランナー」を選択します。

ツールと設定から、キーワードプランナーを選択します
ツールと設定からキーワードプランナーを選択します

画面が切り替わります。

画面右側の「検索ボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

検索のボリュームと余禄データを確認するを選択します
検索のボリュームと余禄のデータを確認するを選びます

画面が切り替わります。

空欄に調べたいキーワードを貼り付けます
検索の枠に調べたいキーワードを貼り付けます

「検索ボリュームと予測のデータを確認する」という画面が表示されますので、この欄に調べたいキーワードをコピー&ペーストします。

今回は、キーワード取得ツー・ラッコキーワードで抽出したキーワードの検索ボリュームを調べていきたいと思います。

具体例として、「ダイエット」というワードについて調べよう

ラッコキーワードで、「ダイエット」と検索し、検索結果の画面右側にある「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックします。

クリックすることで、全キーワードがコピーされます。

ラッコキーワードで調べたキーワードをコピーします
ラッコキーワードで検索した結果をコピーします

キーワードプランナーの白枠の中にカーソルを置いて、ペーストします。

枠の中に、全キーワードコピーが貼り付けられたら、「開始する」をクリックします。

キーワードを貼り付けしたら、「開始する」をクリックします
キーワードを貼り付けて「開始する」をクリック

検索ボリュームを確認する

下記のような検索結果が表示されました。

無料でGoogleキーワードプランナーを利用すると下記のような結果が表示されます。

月間平均検索ボリュームは、「100~1000」など、かなりざっくりな表記となっています。

Googleに広告をだすと、この数字はかなり細かく表示されるようです。

キーワードのアルファベット順に表示されています。

検索結果が表示されました
ざっくりな数字ですが、キーワードに対する検索ボリュームが表示されました

キーワードを並べ替えて表示

「キーワード」をクリックすると、昇順・降順で並べ替えができます。

キーワードは並べ替え表示ができます
「キーワード」をクリックすると、並べ替えができます。

月間平均検索ボリュームを並べ替えて表示

検索ボリュームが多い順・少ない順に並び変えて表示させることができます。

月間平均検索ボリュームも並び替え表示ができます
月間平均検索ボリュームも並べ替えができます

競合を並べ替えて表示

「競合」結果についても並べ替えが可能です。

Googleキーワードプランナーは、Googleに広告をだしたい方へのサービスであるため、ここの「競合」とは広告を出稿している広告主の多さを表しています。競合性が高いということは、そのキーワードで広告をだしたい広告主がたくさんいるということ。競合が「高」キーワードで広告を出す場合は、高い広告費を支払う必要がある広告枠ということ。
そのキーワードでのコンテンツが多いという事ではありません。

広告主にとっては高い広告料をださねばならないキーワード。でも多くの方にとって人気のある分野であるということ!

競合も並び替え表示ができます
「競合」とはそのキーワードで広告を出したい人がどのくらいいるか?ということです

期間を絞り込む

検索結果については、検索期間を絞り込むことができます。

赤枠のをクリックしてください。

検索の期間を絞り込むことができます
期間を絞り込んで検索することも可能
  • カスタム
  • 先月
  • 過去12か月
  • 過去24か月
  • 全て利用可

から期間を選択することができ、それぞれの期間での検索ボリュームを調べることができます。

調べたい期間についての検索ボリュームを表示させることができます
かなり細かく検索期間を絞り込めますね

まとめ

Googleキーワードプランナー(無料)の登録方法・使い方を解説しました。

無料のGoogleキーワードプランナーを使ってキーワードの月間検索ボリュームをざっくりな数字ではありますが、把握することができました。

少額(数百円)でも実際に広告を出稿していれば、このざっくりな数字はかなり正確に表示させることができるようです。

検索ボリュームが少ないと、Google検索の上位表示を狙えるかもしれませんが、そもそも検索される回数が少ないキーワードの為、100以下の検索ボリュームのキーワードを使っての記事作成はお勧めされないようです。

月間平均検索ボリュームを調べ、「このキーワードで記事を書いたら多くの方に見てもらえる可能性がある!」と記事を書くモチベーションを上げつつ、読みやすく判りやすい記事を積み上げていこうと思います。

この記事で疑問が解決できたらいいな

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる