MENU
カテゴリー

パソコンでGoogleアカウントを新規に作成する方法。(Gmailも同時に作成できます)

Googleアカウントの作り方

ひと昔前は、携帯電話のキャリア(NTTドコモ・ソフトバンク・au)が発行するメールアドレス(@docomo.ne.jpなど、その通信事業者の名前の入ったアドレス)を使う事は当然でしたが、家族や友人との連絡手段はラインやFacebookのメッセンジャーを使ったり、また格安simでスマートフォンを利用する場面も増え、キャリアのメールアドレスを持たなくてはいけない必然性は少なくなりました。

私も今やすっかりGoogleのさまざまなサービスを利用させてもらっています。Googleフォトや、Googleドライブ、Youtubeもそうですね!Googleフォームを利用してアンケート機能なども利用したりしています。

今回の疑問:Googleのアカウントの新規取得方法はどうやるの?

Googleの各種サービスはよく利用しています!

この記事を読むと、Googleアカウントを作成することができます。

スポンサーリンク
目次

Googleアカウントとは?

Googleアカウントとは、Googleが提供しているさまざまなサービスを効率よく使うために必要なアカウント(権利)のこと。いわゆる会員資格みたいなイメージですね。費用は無料!もちろんGoogleアカウントが無くても、利用できるサービスはありますが、アカウントを持ってるとほぼすべてのサービスが利用できるようになります。

Googleアカウントの作り方(PCでの設定の仕方)

①インターネットで、Googleのトップページに行き、右上のログインボタンをクリックし、「アカウントを作成」というボタンがあるのでそこをクリックします。

Googleトップページ
Googleのトップページから、ログインをクリックします

Googleアカウントの作成

早速アカウント作成の画面になりますので、入力していきましょう。

「自分用」と「ビジネスの管理用」のどちらかを選択してください。個人で使用する場合は「自分用」を選択すればいいと思います。

この選択画面での「ビジネスの管理用」を選んだとしても、Googleアカウントを利用するにあたって特に違いはありません。

Googleアカウント作成
Googleアカウントを作成します
姓・名をそれぞれ入力します
ユーザー名「○○@gmail.com」の○○の部分を入力します。
ご自分の好きな英数字を組み合わせて作成してください。
ここで作成したものが、ご自分のGmailアドレスになります。
※取得後「○○@gmail.com」の○○の部分は変更できません。
パスワードパスワードを設定してください。
確認欄には同じパスワードを入力します。
半角英字・数字・記号の組み合わせで8文字以上で入力してください。
目のイラストに斜め線が引いてあるイラストをクリックすると、
入力したパスワードが画面上に表記されます。これは入力ミスがないか、
確認するために利用してください。
アカウント情報の記入について

Gmailとは?

Googleが提供するメールサービスです。GoogleのメールなのでGmailと言います。 
※日本最大級のポータルサイトYahoo!JAPANでもIDを取得すると「○○@yahoo.co.jp」というメールアドレスを作ることができます。Yahooが提供するメールサービスなので「ヤフーメール」と言います。

※代わりにログインとは?

Googleアカウントを作成すると、Gmailのメールアドレス(〇〇@gmail.com)も自動で発行されてしまいます。今現在使っているメールアドレスがあれば、Gmailのアドレスは必要がないという方は※「代わりにログイン」というボタンをクリックしてGoogleアカウントを作成してください。ユーザー名の欄にGmail以外のメールアドレスが入力できるようになります。ただ、このメールアドレス宛にGoogleからそのメールアドレスが利用可能なものであるか確認コードが送信されるため、その確認手順が1つプラスされてしまいます。

Gmailが1つあると何かと便利!同時取得をおススメします!

電話番号の登録

先ほど入力したユーザー名が利用できると次の画面になり、メールアドレスが「Googleへようこそ」の下に表示されます。続いて他の項目も入力していきます。

Googleへようこそ。入力画面
全てを入力したら、「次へ」をクリックしてください。
電話番号パスワードを忘れた場合などに使用されます。
登録することをおススメします。
再設定用のメールアドレスパスワードを忘れた場合などに使用します。
もし、他に利用しているメールアドレスがあれば入力してください。
これも設定しておくと、万が一の時に助かります。
生年月日生年月日を入力してください。
性別性別を入力してください。
アカウント情報の入力について

電話番号の確認

先ほど入力した電話番号に、確認コードがSMSで送信されますので、その電話番号が間違えていないか確認後、「送信」をクリックしてください。

電話番号の確認
電話番号を確認してください

すると、登録した電話番号にSMS(ショートメッセージサービス)でテキストメッセージが届きます。そこに記載されている6桁の数字を入力してください。

SMS機能を利用できない契約の電話番号の場合は、「代わりに音声通話を使用」を利用してください。入力した電話番号に電話がかかってきて、音声で確認コードを教えてくれます。

確認コードの入力
確認コードを入力したら、「確認」をクリックしてください。

先ほど入力した電話番号を各種Googleのサービスでも利用するかどうか選択します。Googleにログインする際にセキュリティーを高める為の2段階認証を利用できたり、Google payや、Googleのビデオ通話を利用できたりします。詳しくはこちらを。後から変更もできるので希望しない場合は、「スキップ」を選択してください。

プライバシーポリシーと利用規約の確認

プライバシーポリシーと利用規約を読み進め、確認後「同意する」をクリックしてください。

プライバシーポリシーと利用規約
プライバシーポリシーと利用規約
一番下までスクロールして、「同意する」をクリックしてください。

プライバシーポリシーと利用規約に同意すると、Googleアカウントが作成されGmailの初期画面に切り替わります。

Googleメール初期画面
Googleアカウントが作成されGmailの初期画面が表示されます

画面右上にある、〇の中に小さな点が表示されているマークをクリックしてみると、Googleのサービス一覧が見ることができ、作成したGoogleアカウントでさまざまなサービスを利用することができます。

Googleアカウント作成完了。Gmailのさまざまなサービス
Googleアカウントを作成すると、様々なGoogleのサービスを利用できます

Googleアカウントの作成についてはこれで終了です。Googleアカウントにログインし、Youtubeを視聴するとこんなことが出来るようになります。

  • コメントが投稿できます
  • 動画を評価することができます
  • 動画の履歴が見れます
  • チャンネルのお気に入り登録ができます
  • 再生リストが作れます
  • 自分へのおすすめ動画が表示されます
  • 自分で動画の投稿ができます

私のスマートフォンで、子どもがYoutubeを視聴しているのですが、Googleが私におすすめしてくれるYoutube動画は子どもの好みの番組、大食い動画や今話題のYoutuberの番組ばかりです…

自分専用にカスタマイズするならお子さんにもGoogleアカウントを作り、そのアカウントでの視聴がいいですね。

Googleアカウントは利用規約によって13歳以上であれば作成できます。(日本の場合)

この記事で疑問が解決できますように

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる