MENU
カテゴリー

Google AdSense・自動広告設。広告の貼り方をカスタマイズする

アドセンス自動広告をカスタマイズ

Google AdSenseの審査に合格し、アドセンス広告をどのように配置したらいいのかよくわからず、「Googleが広告配置をおススメしてくれるなら、自動広告がいいのかな?簡単だし。」と自動広告設定をしていました。

自分のサイトを見た時に、「広告ばかりだなぁ。。自動広告をやめようかな?」と思っていた時、自動広告もカスタマイズできることを知りました!

設定も簡単な自動広告を少しでも自分のサイトに合うようにカスタマイズしてみました!

今回の疑問:Google AdSense・自動広告を自分のサイトに合うようにカスタマイズするには?

Google AdSenseの自動広告をカスタマイズできる?

この記事を読むと、Google AdSense・自動広告をカスタマイズする方法がわかります!

スポンサーリンク
目次

Google AdSenseとは?

Google AdSenseとは、サイト運営者向けのGoogleの無料サービスの1つ。運営しているWEBサイトに広告を載せることができ、サイトを閲覧しているユーザーに対して、最適な広告を自動で表示してくれます。広告が表示、またクリックされることによって収益が発生するシステムのこと。Google AdSenseには審査があり、審査に通ったサイトしか利用することができません。

Google AdSenseに合格した時は嬉しかった!

自動広告とは

その名前の通り、Google側がどこに、どんな広告を、どのように配置するかを自動で考えて広告を配置してくれる機能です。
レイアウト、コンテンツ、既存のGoogleの広告に基づいてページを分析してくれ、広告場所を特定してくれます。サイト管理者が行う作業は、「自動広告を有効にする」と指示するだけです。

自動広告のメリット

サイトに1つコードを貼るだけ!自分で行う作業はこれだけ簡単!

どこに広告を貼ったらいいのか考えなくてOK!

広告がより多く掲載されるので、インプレッション報酬の場合は収益が増える

インプレッション報酬とは、広告が表示されるだけで報酬が発生するというもの

ほんとに設定は簡単!簡単!

自動広告のデメリット

表示したくない場所に広告が表示されてしまう

「広告」が主張されて、記事の読みやすさが損なわれる気がする

広告の多さがちょっと気になる時がある。

どんな種類の広告が、サイトのどのあたりに配置されるのか、きちんと把握しよう。

アドセンスの種類は?

アドセンスには、

  • コンテンツ向けAdSense
  • ゲーム向けAdSense
  • 動画向けAdSense
  • 検索向けAdSense

の種類があります。

ウェブサイトやブログのコンテンツに表示する広告はコンテンツ向けAdSenseと言います。コンテンツ向けAdSenseにはレスポンシブ広告とディスプレイ広告の2つに分かれます。

レスポンシブ広告

レスポンシブ広告とは、広告の枠に合わせて広告のサイズ、表示形式、フォーマットが自動で調整させる広告のこと。さまざまなデバイスやサイトによって異なる掲載面(表示領域)に対して、自動でサイズやレイアウトを調整し、掲載面にぴったり納まるデザインで広告を配信してくれます。

レスポンシブ広告には主に下記の2種類があります。

ディスプレイ広告

ディスクのプレビューはこの3種類です。どこにでも配置できるようなデザインになっています

ディスプレイ広告「スクエア」

ディスプレイ広告「スクエア」
ディスプレイ広告「スクエア」

ディスプレイ広告「横長タイプ」

ディスプレイ広告「横長タイプ」
ディスプレイ広告「横長タイプ」

ディスプレイ広告「縦長タイプ」

ディスプレイ広告「縦長タイプ」
ディスプレイ広告「縦長タイプ」

リンク広告

リンク広告は、そのページの内容に関連するトピックがテキストで表示される広告です。

2021年2月5日現在、私のGoogle AdSenseのホーム画面にはリンク広告を設定できるような画面はありませんでした。すでに新規ユーザーは利用できないようです。

Google AdSenseヘルプページを見ると、下記のサービスを提供を終了すると記載がありました。

2021年3月10日をもって、リンクユニットの提供を終了します

詳しくはGoogle AdSenseヘルプをご覧になってください。

ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、メディア上の記事やニュースなどのコンテンツの中に表示させる広告のこと。ネイティブ広告は、メディアの記事の一部に表示され、ユーザー側にコンテンツの一部としてその広告をみてもらう事を目的とした広告。

ネイティブ広告には主に下記の3種類があります。

インフィード広告

スクロール可能なコンテンツの途中、先頭、または末尾に配置し、ユーザーがコンテンツを下へスクロールする時に表示される広告です。記事と記事の間に配置される広告のこと。

スマホでみたインフィード広告のイメージ
スマホでインフィード広告が表示されたところ

記事内広告

記事内広告は、Googleが自動的に最適化する広告で、コンテンツ内の段落と段落の間に設置するネイティブ広告のこと。

記事の中に表示される広告

関連コンテンツ

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに他のコンテンツを簡単に宣伝できる広告サービス。ユーザーにとって関連性の高いコンテンツが増えるため、サイトのページビュー数や 滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上します。関連コンテンツはトピックの類似性に基づいて、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。

関連コンテンツの表示イメージ
関連性の高い広告が配置されるのね。

関連コンテンツ!このような表示の広告はよく見かけるなぁ

関連コンテンツについては、ある一定の条件を満たしたサイトのみが掲載することができます。アクセス数・ページ数がGoogleの定めた基準に達すると掲載できるようになります。

まずはサイトのページ数を増やして、たくさんの方にみて頂く必要があるようです!

オーバーレイ広告

大きな広告がパソコンやモバイル画面を覆いかぶさるように表示される広告です。
オーバレイ広告は、自動広告でしか表示されません

オーバーレイ広告には下記の3種類があります

インタースティシャル広告

Webページを見ている時にページの切り替え・遷移のタイミングでWebサイトの前面に表示される広告のです。(インタースティシャル広告は、自動広告でしか表示されません)

アンカー広告

画面の上部、または下部に表示される広告です。画面をスクロールしても、このアンカー広告の部分は動くことがなく、画面に追従しています。(アンカー広告は、自動広告でしか表示されません)

スマホでアンカー広告が表示されているところ
スマホでアンカー広告が表示されているところ

ポップアップ広告

ポップアップ広告は、自動で開く小さいウィンドウに広告が表示される広告のこと。別画面に表示されるので、パソコン向けの広告でもよく見ることができます。

自動広告をカスタマイズ

Google AdSenseの広告の種類を改めて確認したみましたが、沢山の種類がありますね。ここから自分のサイトに合うように自動広告をカスタマイズしていきます。

Google AdSenseにログインをし、広告からサマリーを選択します。

広告からサマリーを選びます

自動広告の自動化という画面が表示されます。ここで自動広告にしたいサイト名を確認し、画面右側にあるペンのマークをクリックします。

広告のフォーマットを設定

画面が切り替わり、右側に広告のフォーマットと表示されるので、プルダウンメニューをクリックし、開きます。

自動広告のフォーマットを選択する

広告のフォーマット設定画面に切り替わります。

  • ページ内広告
  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告
  • ワイドスクリーンへの表示

上記の広告を表示するか、しないかを選択することができます。ご自分のサイトに合わせて設定をしてください。

マークが青色になっていると、適用されていることになります。

表示させたくない広告を選択します

設定後は必ず、サイトに適用をクリックしてください。

広告の読み込みを設定

広告の読み込みのプルダウンメニューをクリックし、開きます。ページ内に表示する広告の数を調整することができます。ここもご自分のサイトに合わせて調整してください。

例>●印が真ん中にあると、4個のページ内広告が表示されます

●印が真ん中にあると、4個のページ内広告が表示されます

例>●印が左側にあると、3個のページ内広告が表示されます

●印が左側にあると、3個のページ内広告が表示されます

例>●印が右側にあると、5個のページ内広告が表示されます

●印が右側にあると、5個のページ内広告が表示されます

●は左右に振りきることができ、最小値・最大値を選ぶことができます。

設定後は必ず、サイトに適用をクリックしてください。


きわどい広告を表示させないようにする

広告にはさまざまなジャンルがあります。出会い系・宗教・性に関する事などきわどい内容の広告も数多くあります。Google AdSenseではこのようなジャンルの広告を「デリケートなカテゴリ」と表現し、このような内容の広告を自分のサイトに表示させない設定をすることもできます。

Google AdSenseにログインし、左側のメニューからブロックのコントロールから、コンテンツすべてのサイトの順にクリックしてください。

「ブランドに適した広告が掲載されることを確認」画面が表示されます。
デリケートなカテゴリデリケートなカテゴリを管理をクリックしてください。

デリケートなカテゴリを管理します

初期設定では、すべて「許可済み」になっています。自分のサイトに表示させたくないカテゴリがあれば、設定ボタンを切り替え青く表示させてください。青く表示されると「ブロック済み」と表示されます。

デリケートなカテゴリを自分で選ぶことができます

アルコールとギャンブルについては、初期設定からブロックされる設定になっています。

デリケートなカテゴリのアルコールとギャンブルは最初からブロック済みの設定です
アルコールとギャンブルは最初から「ブロック済み」の設定になっています。

まとめ

初期設定のままの自動広告では、「広告多いっ!」と自分自身感じていたので、表示させる広告の種類、数をカスタマイズすることで、自動広告のメリットを享受しながら、自分のサイトが少しでも見やすくなるようにカスタマイズしました。

表示させたくな広告も選ぶことができるのも嬉しいところ!

この記事で疑問が解決できたらいいな

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる